スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[採用編] SMM-S0111
(トーク例)
「人は一生のうちで、一体何人ぐらいの人と知り合うのでしょうか。
○○さんが、生まれてから今まで話をしたことがある人は何人ぐらいでしょうか。
数えきれないと思いますが、でも、その中で何人の人と「人生について」「将来について」話したでしょうか。

親しい友達でもなかなか話さないかもしれません。
でも本当はそれが一番大切なことかもしれません。

この仕事は、保険を提案する仕事ではなくて、人生について、将来について、お客様と話す仕事です。
ですから、担当者自身にとっても、とても役に立つのです。



━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

スポンサーサイト
採用トークについて | 2016-02-24| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SMM-S0110
(トーク例)

「まず、あなたがこの仕事に向いているかどうか、あなたがこの仕事にプライドが持てて使命感ややり甲斐を感じることができるかどうか、それを判断するために、あなた自身が今加入している保障の、見直しプランをご一緒に考えてみましょう。

ご自分の家庭のことは一番分かっていると思いますので、誰よりも良いプランを設計できると思います…。

でも、この作業をすると、意外と自分や自分の家族が分かっていなかったことに気付くことになると思います。

いずれにせよ、有意義な作業ですから、やってみましょう。」


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用トークについて | 2010-07-23| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SMM-S0109
《話法例05》採用話法例


「これからどんな時代になるのか分かりませんが、10年後、20年後を想像した
とき、自分に力をつけておくことが大事だと思います。

どんな力をつけるのか…。
どんな時代になっても自分と家族を養っていける力、その1つがセールス力だ
と思います。
どんな時代でも『私は、給料以上に利益を運んで来ます』と言える人は、会社
も雇いたくなります。

では何を売るのかですが、多くの商品が10年後、20年後の形など想像できない
中で、保険は基本的な形は100年前から変わりません。つまりキャリアの積み
上げができる仕事なのです。」


※SML-S0108は都合により欠番です。


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━




採用トークについて | 2010-06-01| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SML-S0098
■仕事をしながら勉強する■


(採用トーク例)
これからの担当者は、自分の得意分野を持つことも大切です。仕事をしながら、より専門性の高い知識や情報を身につけていって欲しいと思います。

もし、あなたが専門性を身につけるとしたら、次のうち、何に興味がありますか。

●人生設計について
●医療の現状について
●介護の現状について
●税務一般について
●金融商品全般について

こういった知識は仕事にも役立ちますが、自分の人生にも役立ちますので、仕事をしながら勉強すると良いと思います。


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━



採用トークについて | 2009-04-06| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SML-S0097
■保険セールスの魅力■


「100年に1度の経済危機…」などと言われますが、こういう時代こそ、「保険セールス」という仕事の、魅力を伝えるチャンスだと思います。

この仕事は、不況の時も、好況の時も、仕事ができます。ニーズがあります。

不況になると、保険を見直したい人(見込客)が増えます。

景気が良くなれば予定利率も上がりますので、(保障付の)貯蓄商品としての魅力が増します。

その時々にあった提案の仕方をすれば良いのです。

不況に強い仕事、知識とスキルを積み上げていける仕事、得た知識が無駄にならない仕事です。



━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━



採用トークについて | 2009-03-27| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SML-S0091
■収入面よりも商品知識を■

仕事の、収入面よりも、商品に興味を持った方が、入社の確率は高く、また、その方が優秀な人材が入社すると思います。

例えば
「入社を検討する前に、まず、保険という金融商品について知って頂きたいと思います。できれば、保険を好きになって頂きたいですね。嫌いな商品を人に勧めるのは無理がありますからね」

「そのために、まずは、今、自分の入っている保険を、一緒に勉強してみましょう」

「もし、この仕事をすることにならなくても、自分の入っている保険が分かることは、○○さんにとっていいことですからね」


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━



採用トークについて | 2009-01-22| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SMK-S0089
■人間的な成長■

採用候補者が入社を決めた理由として
「面接した人が、人間的に魅力があったから」「この人の元で働きたいと思ったから」がかなり多いです。

どういう話をすると人間的な魅力が伝わりやすいでしょうか。

例えば、
「この仕事を通じて得られる一番大きなものは、人間的な成長だと思います」

「大人になったら自分を育てるのは自分でしかないと思います。1日のうちで一番長い時間を費やすのが仕事なので、仕事を通じて自分を育てる、弱いところがあれば自分を鍛える、そうやって生きる日々が、満足できる人生にするために一番必要なものだと私は思います」など。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━



採用トークについて | 2009-01-15| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編]SMH-S0024
採用時の言葉として「生命保険のセールスは、自分のやった仕事に対して正当な評価と報酬が得られます」を使い、その言葉に反応し、奮起する採用候補者は、自立心も強く、チャレンジ精神も旺盛で、自己価値も高いと言えるでしょう。
「採用の言葉を選択することで、人選をする」。基本的なことですが、大切なことです。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用トークについて | 2008-06-08| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編]SMH-S0023
今回は「採用トーク」を紹介します。

「私たちの仕事はお客さまを選べます。自分の会いたいお客様に会うことができます。こんな贅沢なことはありません。
自分を磨けば、レベルの高い人を訪問することもできます。この仕事をしていなかったら、一生縁のないような人にも会うことができます。
人生は学歴や環境で決まるのではなく、出会った人の中で自分を磨くことで決まるのだと思います」

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用トークについて | 2008-06-08| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編]SMK-S0076
■現職に対する本音を聞き出すトーク■

有職者に「転職しよう!」と決断してもらうためには、今の仕事に対する本音を聞き出せたら、かなり有効です。

1つのトーク例をご紹介します。
「実は、あなたの今いる○○業界からも、多くの方が保険業界に転職して来ているのですが、転職を決断された理由で多いものは何だと思いますか?」と聞きます。

そして、採用候補者の答えに対して「それはどういう意味ですか?」と、さらに詳しく聞いていきます。

きっと、候補者自ら、自分に有効なクロージングトークを教えてくれるでしょう。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用トークについて | 2008-05-27| Trackback:(0) | Comments(-)
次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。