スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------| Trackback(-) | Comments(-)
[採用編] SML-S0096
■他社の採用ページ■

この頃は保険会社のホームページも、一般の人が見て興味を持つような作りになって来ています。

「採用」のページは各社のスタンスの違いがありますが、会社によってはとても魅力的なページを作っていて、採用候補者の心を打つ言葉や説明文が掲載されています。

仕事についての疑問に答えていたり、
教育体制について分かりやすく説明していたり、
この仕事の大切さ、社会的意義、使命感を説いています。

採用活動のヒントになると思います。
「採用がなかなかできない」という人には、その答えが見つかるのでは…。


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━



スポンサーサイト
採用全般について | 2009-03-05| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SML-S0090
■入社時試験のテキストから問題を作る■

保険という金融システムを理解させると、入社意欲も、挙績意欲も高くなります。

「今まで、保険がこういう金融商品だと知らなかった。こういう知識はほとんどの人が知らないと思う。でも、これは絶対知っておいた方が良いと思う」と思うと、入社意欲も挙績意欲も高くなります。

また、そう思わないような人は、この仕事では成功しにくいとも言えます。

採用面接の際に、入社時テストのテキストから、いくつか問題を作って、やってもらうのも「保険」というに興味を持たせる1つの方法です。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━




採用全般について | 2009-01-15| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編] SMK-S0087
■保険とセールス両面の魅力を■

長い間、当メルマガを休刊し申し訳ありませんでした。再開致します。

不況の時こそ、良い人材を採用し、芯の強い長続きする担当者に育成できるチャンスかもしれません。

良い人材とは、未知の世界に対して真摯な姿勢を持つ人、つまり人の話が聞けて実践できる「素直さ」を持つ人、そして少々の失敗をはね除けて繰り返しチャレンジできる「ひた向きさ」を持つ人でしょうか。

採用面接の中でも、候補者の「素直さ」と「ひた向きさ」を測れるような質問や話を織り交ぜましょう。


━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━


採用全般について | 2008-12-08| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編]SMJ-S0045
■採用の必要性を組織員に訴求する■

採用が進まない組織の場合、組織員が、採用の必要性や、自分のメリットを感じていない場合がほとんどです。

組織の長にとって採用の必要性やメリットは明確ですが、職員には、長が言葉で明確化しなければ分かりません。

新しい職員が入れば、組織に緊張感が生まれ、活性化し、現在の新人が育つ、また仲間が増えれば切磋琢磨でき、情報や気づきも増える…など、組織員のメリットを言葉にして、何度も、真剣に、機会あるごとに、訴求し続けることが大切です。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用全般について | 2008-05-26| Trackback:(0) | Comments(-)
[採用編]SMH-S0030
●採用には、きめ細やかさと入念な準備が必要

「採用と挙績、どちらの方がどれだけ大変か」と聞かれれば、「相手にとって、どちらの方がどれだけ大きな決断か」を考えれば分かります。
1本の保険に入ることと、1つの会社に勤めること又は転職することを比べれば、その違いは歴然です。

採用は、挙績活動以上に、きめ細やかさと入念な準備が必要です。
採用ツールの充実、採用トークや断りに対する対応トーク、継続アプローチのしくみ作りなどが大切です。

━━ 保険セールスのヒント【採用編】 ━━

採用全般について | 2008-04-24| Trackback:(0) | Comments(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。